カイテキオリゴ 過敏性腸症候群 下痢

カイテキオリゴのどういった点がお腹に良いのか?

過敏性腸症候群の下痢型でも効果が期待出来るという、
お腹に優しいオリゴ糖、「カイテキオリゴ」。

 

 

市販のオリゴ糖とは何がどう違っているのか、
また、具体的にどういった使い方があるのかなど、
調べてみましたのでご紹介いたします。

 

 

 

シロップと粉末の違い

 

オリゴ糖というと、シロップ状のイメージが強いのではないでしょうか。
ドラッグストアやスーパー等で購入出来るオリゴ糖は、
確かにその殆どがシロップ状で、しかも結構高価です。

 

逆に粉末タイプのオリゴ糖ってあまり見かけない印象ですね。
それぞれ、どういう違いがあるのでしょうか。

 

 

【シロップタイプ】

 

スーパーやドラッグストアで売られている殆どがこのタイプ。
成分やオリゴ糖純度などを比べてみると、
下記のような傾向にありました。

 

商品A

原料:砂糖、乳糖
オリゴ糖純度:30%以上

商品B

原料:てんさい糖
オリゴ糖純度:9%以上

商品C

原料:でんぷん
オリゴ糖純度:63%以上

 

 

ざっと見比べてみると、原料もまちまちで、オリゴ糖純度もバラバラ。

 

また、デンプンから作られるタイプのオリゴ糖は、
「イソマスオリゴ糖」と呼ばれるもので、
これは胃で分解されてしまいやすいもの
です。
その為、腸まで殆ど届きません。

 

腸内の善玉菌を増やすというオリゴ糖としての本来の働きは、
殆ど期待が出来ないという事になってしまいますね。

 

 

 

【粉末タイプ】

 

粉末タイプは、「粉末ラフィノース」か「粉末フラクトオリゴ糖」がメイン。
カイテキオリゴは、「粉末ラフィノース」になります。

 

 

商品A

原料:ラフィノース(てんさい糖)
オリゴ糖純度:100%

商品B

原料:フラクトオリゴ糖(砂糖)
オリゴ糖純度:95%

商品C

原料:ラクトスクロース(乳糖)
オリゴ糖純度:90%

 

 

 

粉末タイプは、全体的にオリゴ糖純度が非常に高く、
甘味料などが含まれないので血糖値も上がりにくい
という特徴があります。
糖尿病の方やダイエット中の方にもオススメ出来るのがいいですね。

 

 

ちなみに、この商品Aが、実はカイテキオリゴの事です。
カイテキオリゴのオリゴ糖純度は、ダントツの100%。
さすがは、一番売れているオリゴ糖というだけはあります。

 

 

 

さて、こうして比べてみると、
本気でお腹の事に取り組みたいという事であれば、
粉末タイプを買うのが確実と言えます。

 

もちろんシロップタイプでも効果が高いものはあるのですが、
一目で分かるものではないので、実際にしばらく使って試す他なさそうです。

 

それならば、最初から高純度だと分かっている粉末タイプを使う方が、
手っ取り早いし無駄な費用をかける事もなくなってお得です。

 

 

 

 

オリゴ糖でお腹がゆるくなる原因

 

オリゴ糖は、成人の場合は1日3〜5g程度が摂取の目安とされています。
便秘気味の人は5g程度を続けることで善玉菌も活発になり、
非常に好調になれるかと思います。

 

ただし、下痢型の場合は、5gの摂取を続けると、
さらに下痢が進む可能性があります。

 

それは、何故か。

 

まず、健康な人でも、オリゴ糖を大量に摂取すると、
一時的に下痢を起こす事があります。
オリゴ糖は小腸ではあまり吸収されずに、
大腸で腸内細菌の活動を刺激して活発化してくれます。
その結果、一時的に腸の働きが活発になりすぎて、
下痢をしてしまうのです。

 

ですので、元々過敏性腸症候群の下痢型の場合は、
既に腸の動きが活発すぎる事が一番の原因なので、
そこから更にオリゴ糖で腸の動きを活発にしてしまうと、
もっと下痢になってしまう…という事なんですね。

 

 

 

下痢体質の人のカイテキオリゴ摂取方法

 

では、過敏性腸症候群の下痢型は
カイテキオリゴを飲めないのか?
というと、そんな事は全くありません。

 

摂取量を少し少なめにする事で、
下痢型の人も腸内環境をしっかり整えていく事が出来ます。

 

 

目安としては、1日に3g程度を上限にする事。
成人の摂取目安量の半分ほどに抑えて続けていくと、
腸の動きを刺激せず、緩やかに善玉菌を増やしていき、
効果を実感出来るかと思います。

 

 

もしかしたら、便秘型の人よりは効果の実感には
時間がかかるかもしれません。

 

けれど、摂取量が半分程度という事であれば、
通常通り摂取している人よりも、
カイテキオリゴが倍以上長持ちするという事にもなりますね。

 

 

 

…もしかしたら、下痢型の方が逆にお得なのかも?

 

 

カイテキオリゴの詳細はこちら
↓↓



ホーム RSS購読 サイトマップ